ニキビ

ニキビとは医学用語で「尋常性ざ瘡」と呼ばれています。皮脂の分泌排出と密接に関連するので、10代から発症し、成人にも見られます。
当院では、症状に合わせて内服薬・外用薬・レーザー治療など複合的な治療を組み合わせて行い、治療効果の向上をはかっています。

原因


・男性ホルモンなどの影響により皮脂腺の分泌が亢進、皮脂が増加し、さらに細菌感染しやすくなるため
・皮脂が細菌によって分解されて遊離脂肪酸が発生し、これが毛穴の角化を引き起こし、毛穴がふさがれ、さらに皮脂の貯留が亢進するため
・アクネ菌などの皮膚の常在菌が毛包を刺激・破壊して炎症を誘発するため
・ニキビダニの寄生
ステロイド外用剤の長期使用によるステロイドざ瘡など

症状


顔にできる場合が多いですが他に、胸部、背部にもできることもあります。毛穴が皮脂や古くなった角質でつまることから始まり、白ニキビ(閉鎖性面ぽう)、黒ニキビ(開放性面ぽう)と呼ばれる状態に進行します。白ニキビがアクネ菌などの感染で炎症をおこし、赤ニキビになります。さらにこれが悪化すると膿が溜まって黄ニキビになります。

当院の治療


外用薬:抗生物質、軟膏、クリーム、ローション、アダパレン(レチノイド)、ベピオ(過酸化ベンゾイル)製剤の単独または配合剤、イオウ製剤、サリチルローション(ピーリング剤)、ビタミンCのローションやクリーム(これは当院オリジナル処方です)
内服薬:抗生物質、ビタミン剤、漢方薬、低用量ピル
イオン導入:微弱電流を皮膚に通電し、ビタミンCローションをイオン化させて浸潤させます。
レーザー治療:フラクショナルレーザーQスイッチ・Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザーIPL色素レーザー ※症状によって機材が異なります。現在進行中のニキビ、ニキビ跡にも効果的です。(自費治療)

日常生活上の注意点


規則正しい生活が第一。(食事・睡眠・ストレス除去)
1日2回洗顔料を使って洗顔し、肌を清潔に保ちましょう。
ニキビを触ったり、つぶしたりすると、症状が悪化したり瘢痕を残す原因になります。洗顔やスキンケアをするとき以外は、ニキビに触れないようにしましょう。
甘いものや脂っこいものの食べ過ぎでニキビが悪化する場合は摂取を抑えてください。ビタミン豊富な緑黄色野菜や、食物繊維を含んだ食物など、バランスの取れた食事を心がけましょう。