ほくろ(色素性母斑)

ほくろは母斑細胞が主に真皮内で増殖した良性の腫瘍です。

症状

褐色ないし黒色、時に正常皮膚色の色素斑あるいは腫瘤で表面は平ら~半球状であり、時に硬毛を伴います。

平らなほくろ

当院の治療

炭酸ガスレーザー:隆起しているほくろの際に使います。治療時間は1~3分程度で除去後の皮膚は丸くへこみますが2~3週間位で皮膚が盛り上がります。その後は多少赤みが残る場合がありますが、半年くらいで大分軽減されます。また、ケロイド体質の方は、除去後に線維が増殖して傷が盛り上がる場合があります。その場合はステロイドの外用剤や局所注射、ケロイドに有効なレーザーを使用し、目立たなくする治療も行います。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー:平らなほくろの際に使います。2~3週間毎に平均3~4回照射します。色の薄いほくろに関しては1度の照射でかなり色が消退します。もし、2~3週間間隔で来院できない場合は間隔をおいても構いません。早く消したい方は2〜3週ごとの照射できます。感染および炎症を抑えるために抗生物質配合のステロイド剤を2回/日、3日間塗ります。当日より、入浴、洗顔は可能ですが強くこすらないように注意してください。かさぶたは無理に剥がさないように注意してください。

治療までの経過

診察後、切除のご希望の日時を事前に決めていきます。
当日は、局所麻酔のテープを実施の2時間前に貼っていただき、御来院ください。

治療後のケア

切除当日から次の受診日まで抗生物質の軟膏を2~3回/日塗って、傷部分はテープで保護します。
10~14日後に受診してください。
当日より、入浴、洗顔、化粧は可能ですが強くこすらないように注意してください。
※保険適用

よくあるご質問

①ほくろの取り方について教えてください。

→隆起性のものには、炭酸ガスレーザー、平坦のものには、アレキサンドライトレーザーを用いることで、メスによる切除および糸で縫うことによる傷跡を気にすることなく除去することが可能です。
炭酸ガスレーザーに関しては、基本的に一度の処置にてほくろを除去致します。
アレキサンドライトレーザーに関しては、個人差がありますが平均3〜5回ほどの照射が必要になります。照射間隔としては、月一度ほどになります。
尚、ほくろの形状や、レーザーによる除去がそうしても難しい場合や、悪性腫瘍などが疑われる場合は、大きな病院に紹介させて頂くことがございます。

②ほくろ除去は、保険適応でしょうか?もしくは、自費でしょうか?

→基本的には自費治療としております。
しかし、ほくろにより何らかの機能的問題がある場合には保険適応となることがあります。
例)・目の近くにあり、視野の邪魔になる。・ひげを剃るときに引っかかって、出血することがある。
・洋服を着脱するときに引っかかる。などがあります。
そのため、一度診察時に医師にご相談ください。

③ほくろ除去する際には、予約が可能でしょうか?

→ほくろ除去に関しては、医師がまず診察を行い治療の方針を決定していきます。
炭酸ガスレーザーによる除去の場合は、除去を行う日程をその場で予約します。
アレキサンドライトレーザーによる除去の場合は、当日予約なしでレーザーを照射します。

④ほくろ除去のお値段を教えてください。


・隆起性のほくろに関して
炭酸ガスレーザーによる1個のみのほくろ除去の場合は、162,00円(税込)です。尚、一回に2個以上ほくろ除去をされる場合は、1個あたり15,120円(税込)です。
・平坦なほくろに関して
アレキサンドライトレーザーにてほくろを薄くしていきます。この治療はレーザー1照射あたり320円(税込)

⑤炭酸ガスレーザーによるほくろを除去する際の当日の流れを教えてください。

→術前診察の時にお渡ししている麻酔シールを、施術開始予定時間の二時間前に貼っていただきます。お貼りいただいた麻酔シールは、施術直前に当院にて外させていただきます。
尚、麻酔シールのみではどうしても痛みが強い場合は追加で麻酔薬の局所注射を行う場合もございます。
施術時間は約5分程度ですので、大きな負担はございません。

⑥ほくろは何歳から除去することができますか?

→基本的には中学生(13歳〜)以降を対応としております。しかし、場合によっては医師の判断により中学生以前でも施術を行う場合もございますので、一度診察を受けて頂ければ幸いです。

⑦未成年者のみでのほくろを除去することは可能でしょうか?

→基本的には可能です。その際は、最初に保護者様からも同意書をいただいております。

⑧ほくろを取った後の処置について教えてください。

→傷口はこすらないようにしてください。洗顔などは普通にしていただいて構いません。傷口には軟膏をつけてください。カサブタは約1週間ほどで剥がれるので、剥がれたら日焼け止めを使用してください。

⑨炭酸ガスレーザーによるほくろ除去でのリスクを教えてください。


・ほくろを除去した部分の皮膚が埋まってくるまでに約2週間ほどかかります。
・傷が埋まった後に 赤みが1−3ヶ月ほど続くことがあります。
・患者様の体質によっては、ケロイドや肥厚性瘢痕が生じることがあります。そのため、事前にケロイド体質がある方は、当院スタッフまで知らせてください。
・傷が埋まった後に炎症後色素沈着という皮膚が黒くシミになることが、約半年ほど続く場合があります。
・場合によっては、再発のリスクがあります。