アトピー性皮膚炎

                   
乳児〜成人にみられる慢性の難治性皮膚炎です。乾燥肌をベースに持つ場合が多く、そこに様々な物質(食物、ダニ、カビ等)に対してアレルギー反応を示したり、水道水中の塩素、発汗やストレスなどの環境因子が複雑に関与し合う「湿疹のデパート」と言われるものです。

原因

乳児:母乳、果汁、水道水中の塩素
幼児:食物、水道水中の塩素、ほこり、ダニ、カビ
学童・成人:食物、水道水中の塩素、ほこり、ダニ、カビ、睡眠不足、ストレス(学業・職業・人間関係など)

当院の治療

ステロイド外用剤の長期使用や高価な薬剤(生物学的製剤)を極力使用しないで済むような治療を心がけています。そのため、アトピー性皮膚炎の原因・悪化誘発因子を除去する、原因除去療法を行っています。

受診時に20項目からなる質問表に回答していただき、悪化誘発因子を調査します。

質問表を元に原因除去の方法を具体的に教示します。

非ステロイド剤を数種類試していただき、それぞれの反応を検討します。ただし、症状が重い場合はステロイド剤を使用する場合もあります。

症状に応じてエキシマライトを用いた中紫外線の部分療法を行います。

皮膚炎の反応を抑える静脈注射(非ステロイド製剤)を行います。

漢方薬、腸内細菌製剤を用いる場合もあります