手のあれ・手の湿疹

進行性指掌角皮症といわれるもので特に主婦、美容師、飲食店員などによくみられる病気です。

原因

砂いじり(主に幼児)
シャンプー、リンス、ヘアダイ・ヘアカラー・ヘアマニキュア(美容師など)
洗剤(飲食店員、主婦など)
ゴム手袋(飲食店員、医療従事者など)
段ボール、紙幣(倉庫業務従業員など)

症状

主に利き手の親指、人差し指、中指の指先から発症し、皮膚が乾燥して、剥がれ落ちる(落屑)、固くなる(角化)、ひびが割れる、指紋がなくなるなどの症状が見られます。そしてひどくなると両掌にまで広がってしまいます。一方、ゴム手袋によるかぶれは手の甲や手首に痒みが見られることが多いです。

当院の治療

外用薬(保湿剤、ステロイド剤など)
内服薬(抗ヒスタミン剤など)

日常生活上の注意点

刺激を避ける。
ゴム手袋をパウダーフリーにする。それでもだめなら、プラスチックやビニール・ポリエステルの手袋に変える。しかし、ゴム手袋をしなければならない際は、これらのプラスチック・ビニール・ポリエステル手袋をゴム手袋の内側に使用しましょう。(木綿の手袋を内側にしてその上からゴム手袋をしてもゴムの成分が木綿を通過してしまうので意味がありません。)

シャンプー、リンス、ヘアダイ・ヘアカラー・ヘアマニキュアなどはパッチテストで予め調べて、かぶれないのものを使用する。

手の使い過ぎ、洗いすぎに気を付ける
炊事、洗濯などの仕事を減らす工夫をして、できるだけ手に負担をかけないようにしましょう。
何度も手を洗うと症状が悪化してしまいます。手を洗った後は保湿剤を塗りましょう。