水イボ

小児に好発し、水イボの内容物が表皮に付着すると次々と自家感染(他の部位へと感染が広がること)
します。しかし、自然治癒するので必ずしも治療する必要はありません。

原因

伝染性軟属腫ウイルスによる感染症

症状

好発部位は小児の体幹や手足、外陰部や下腹部、大腿内側などがあります。大きさ1~3mmのドーム状で表面は平滑で中央部にへこみがあります。周囲に湿疹を伴うことがあり、軽度の痒みを伴います。

当院の治療

① ピンセット(トラコーマ鑷子)での圧縮除去

ピンセットで水いぼを1個づつ摘まんで中身を押し出すため、痛みがあります。処置中、泣き叫んで暴れることが予想されるような小さなお子さんの場合はあまりお勧めできません。

② 硝酸銀希釈液の塗布

硝酸銀希釈液をカット判のガーゼに浸み込ませ、水いぼ1個づつに貼り付けていきます。
帰宅後もヒリヒリする場合は、よく洗い流してから処方された外用薬(ステロイド剤)を塗って下さい。入浴時はテープをはがして構いません。
また、硝酸銀の影響で皮膚が多少黒ずむことがありますが、徐々に薄くなりますので心配はいりません。

半年くらいで大部分が自然治癒するので放置して経過観察しても構いません。

よくあるご質問

①水いぼとはどういったものですか?

→水いぼは伝染性軟属腫ウイルスによって人から人へうつる、7歳以下の子どもに多い皮膚の感染症です。1個できれば、その近くに数個増え、または引っ掻いた指で触わると遠くの皮膚にも感染し、次々と増えてきます。

②水いぼの治療を教えてください。

→数が少ないうちに摘み取る(摘除法)のが最も確実で早く治す方法です。摘み取る際には、多少の痛みや軽度の出血が伴います。そのため、取る痛みを軽減するために、局所麻酔入りテープを約1時間ほど前に貼っておいてから取る場合があります。
当院では、数が多く、痛みが強いことが予想される場合には、硝酸銀による治療もあります。

③硝酸銀治療について教えてください。

→摘んでとる摘除法に比べて痛みが少ない治療法です。具体的には、水いぼの頂点に硝酸銀液を塗り、乾燥させます。その処置後より、皮膚が黒色になりかさぶた化(痂皮化)が進み、約2週間で剥がれ落ちます。

④水いぼは自然に放置しても治りますか?

→健康な子どもでは、6ヵ月~3年で自然治癒するとされていますが、個人差が大きくその患児がいつ治るかを予測することは困難です。

⑤水いぼにかかっていても、プールに入ることはできますか?

→ プールの水ではうつりませんので、プールに入っても構いません。ただし、タオル、浮輪、ビート板などを介してうつることがありますから、これらを共用することはできるだけ避けて下さい。プールの後はシャワーで肌をきれいに洗いましょう。

⑥水いぼにかかっていても、学校に登校できますか?

→人から人へ移る可能性はありますが、水いぼにかかっているからといって必ずしも学校を休む必要はありません。