掌蹠膿疱症(しょうせきほうのうしょう)

成人の手掌(手のひら)や足底(足の裏)に左右対称性に小さな膿(膿疱) が形成され、慢性的にその状態が継続される疾患です。

原因

タバコ・喫煙(特に長期喫煙者に多いです)
持続する咽頭炎や扁桃炎などの喉周辺の炎症や副鼻腔炎
虫歯(齲歯)、入れ歯などの歯科金属によるアレルギーなどが関与するとされています。

症状

・掌蹠(手の平や足の裏)膿疱
メインの症状として手のひらや足の裏に小さな水ぶくれ(水疱)や小さな膿(膿疱)が、多発します。これらの周囲は、赤くなり、時には痒み(掻痒)を伴うことがあります。この膿疱は、繰り返し形成され慢性的な経過をたどります。時に、掌蹠だけではなく、膝や足や頭部などにもこの皮疹が広がることがあります。尚、この場合の膿は、細菌感染などに伴う膿ではなく、炎症により反応性に生じる膿です。

・爪の変化
手や足の爪が、障害を受けることで、爪が厚く(肥厚)なり、爪の表面に点状の陥凹(へこみ)がみられことがあります。

・掌蹠膿疱症性骨関節炎(PAO)
全体の約10〜30%の方に認められる症状であり、胸周囲の関節に痛みが生じることで、胸痛として自覚されることがあります。  

当院の治療

・光線療法:エキシマライトという機械を用いて、治療します。
この治療法は、保険適応であり、効果が実証されております。

・外用薬:ステロイド外用剤、ビタミンD3外用剤など 

・内服薬:抗ヒスタミン薬(痒みが強い場合) 、鎮痛剤(痛みが強い場合)など

その他の特殊な治療

・注射薬:光線治療や外用治療に効果が乏しい場合には、高額な治療とはなってしまいますが、定期的な皮下注射製剤により効果があることが知られています。そのため、大きな病院にご紹介させていただきます。

・歯科金属アレルギーなどが、金属パッチ試験で明らかな場合には、歯科医院での歯科金属除去をお勧め致します。

・虫歯がある場合には、歯科医院での虫歯治療をお勧め致します。

・慢性的な咽頭炎や扁桃炎及び副鼻腔炎がある場合には、耳鼻科医院での治療をお勧めします。

日常生活上の注意点

・禁煙:タバコを吸うことをやめていただくことをお勧め致します。