乳児湿疹(乳児脂漏性湿疹)

乳児期にできる湿疹の総称です。この中には毛髪の生え際や眉毛、鼻周囲などの皮脂分泌が盛んな場所に赤み(紅斑)、黄色調の脂っぽいフケ(脂性鱗屑)のようなものが付着する「脂漏性湿疹」、赤ちゃん特有のニキビである「新生児ざ瘡(ニキビ)」や、「汗疹(あせも)」、そして「アトピー性皮膚炎」なども含まれます。

※ 「新生児ざ瘡(ニキビ)」「汗疹(あせも)」「アトピー性皮膚炎」については各疾患の説明書をご覧ください。

原因

生まれてから2ヶ月くらいまでの赤ちゃんの肌は、ホルモンバランスなどの影響で皮脂分泌が多く特に頭や額(おでこ)での分泌が盛んです。その皮脂が皮膚常在細菌によって分解される時に生じる遊離脂肪酸が皮膚に刺激を与えることで炎症となります。また、皮膚常在真菌であるマラセチアに対する過敏反応も重なることで炎症が強くなると考えられています。

症状

生後まもなくから、毛髪の生え際や眉毛・顔面・胸部などに赤み(紅斑)や黄色調の脂っぽいフケ(脂性鱗屑)が形成され、時に痒みを認めます。

当院の治療

①清潔の維持(石けんやシャンプーなどで脂漏部位を清潔に保ちましょう。)
② 症状に応じて、抗真菌剤外用薬(ケトコナゾールなど)、非ステロイド外用剤 、弱めのステロイド外用剤を処方いたします。

生活上の注意点

・石けんをよく泡立て、指の腹で優しく肌を洗ったら、十分に洗い流してから、こすらず、抑えるようにして水気をタオルでふき取るようにしましょう。