にきび・にきび跡とは?

にきび

ニキビとは医学用語で「尋常性ざ瘡」と呼ばれています。思春期男女の90%以上のが経験するとされます。皮脂の分泌排出と密接に関連します。

症状

10〜30歳代までの青年期の男女に多く、顔面、背部、前胸部などの脂漏部位(脂が多いところ)に発生しやすい、毛穴に一致した慢性的な炎症性病変です。紅斑(赤み)、丘疹(小さな盛り上がり)、膿疱(小さな膿貯まり)、結節(大きめの盛り上がり)、瘢痕(ニキビ痕。炎症に伴う皮膚の凹凸)などを形成します。

時に、ニキビが重症化すると結節や瘢痕が、多発することで集簇性ざ瘡の状態へ移行することがあります。また、母体由来のホルモンに関与すると考えられている新生児に生じる新生児ざ瘡という状態もあります。

原因

・男性ホルモンなどの影響により皮脂腺の分泌が亢進し、皮脂の貯留とアクネ菌などの皮膚の常在菌の増加が起こりやすくなる。

・皮脂中の中性脂肪(トリグリセリド)が細菌によって分解されて遊離脂肪酸が発生し、これが毛穴の角化を引き起こし、毛穴が塞がれ、さらに皮脂の貯留が亢進するため

・毛穴周囲に存在するアクネ菌などの皮膚の常在菌によって作られた遊離脂肪酸が毛包を刺激・破壊して炎症を誘発するため

・ニキビダニの寄生による毛包虫性ざ瘡

・ステロイド外用剤の長期使用によるステロイドざ瘡
など

治療方法

保険治療

外用薬
抗生物質含有外用剤(軟膏、クリーム、ローション、ゲル)、アダパレン(レチノイド)、ベピオ(過酸化ベンゾイル)製剤の単独または配合剤、イオウ製剤、サリチルローション(ピーリング剤)

内服薬
抗生物質、ビタミン剤(Vit AB2,B5,B6,C,E,Hなど)、各種漢方薬

イオン導入
微弱電流を皮膚に通電し、ビタミンCローションをイオン化させて浸潤させます。

ステロイド局所注射
炎症が強い結節や瘢痕などに対して使用します。

自費治療

当院オリジナル化粧品
ビタミンCローション、ビタミンCクリーム

内服
低用量ピル

レーザー治療
Er:Glassフラクショナルレーザー(モザイクリミテッド)
IPL
色素レーザー(Vビーム)
※症状によって機材が異なります。現在進行中のニキビ、ニキビ跡にも効果的です。

生活上の注意点

・規則正しい生活が第一です。(食事・睡眠・ストレス除去)

・1日2回洗顔料を使って洗顔し、肌を清潔に保ちましょう。

・ニキビを触ったり、つぶしたりすると、症状が悪化したり瘢痕を残す原因になります。洗顔やスキンケアをするとき以外は、ニキビに触れないようにしましょう。

・甘いものや脂っこいものの食べ過ぎでニキビが悪化する場合は摂取を抑えてください。ビタミン豊富な緑黄色野菜や、食物繊維を含んだ食物など、バランスの取れた食事を心がけましょう。

治療を受ける上での注意点

特記事項なし

治療を受けることが難しい方

特記事項なし

診療時間

一般・小児・美容皮膚科

月・木9:00-12:1015:00-19:00
火・金9:00-12:1015:00-18:00
9:00-12:30×
AGA治療のみ
9:00-18:00
×
水・祝休診×
※予約制ではありませんので、直接ご来院ください。
※AGA治療はご予約の方に限り、日曜日も受診いただけます。

レーザー脱毛

月・木9:00-19:00
火・金・土・日9:00-18:00
水・祝休診
※レーザー脱毛は完全予約制になります。

治療に関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

029-842-3046

電話受付時間
9:00~18:00(火・金・土・日)

9:00~19:00(月・木)
(水曜日、祝日、年末年始、GW、夏期休暇は休診)