全身型ナローバンドUVBとは?

全身型NB-UVB

炎症性の皮膚疾患や白斑を治す方法として近年注目されている光線療法のひとつで、アトピー性皮膚炎や乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、類乾癬のほか、結節性痒疹や円形脱毛症にも効果が期待できる治療法です。

ナローバンドUVB治療は、厚生労働省からも効果と安全性が認められており、保険適用の治療です。

おすすめのポイント

・従来の外用薬であまり効果がみられなかった方におすすめです。

・短時間で手軽にできる新しい治療法です。

・従来の紫外線治療と比べて、発がん性の高い波長の光や治療効果の低い波長の光はカットされ、より効果が高く、副作用が少ない安全な治療です。

・ナローバンドUVB療法はPUVA療法のように光増感薬であるソラレンを使わないため、治療後にサングラスや衣服で遮光する必要もなく、胃腸・肝障害などの全身副作用も心配いりません。
※「ソラレン」とは「光毒性物質」のことです。「光毒性(ひかりどくせい)」は、紫外線の感受性を高める性質があります。

対象の患者さん

円形脱毛症
アトピー性皮膚炎
・尋常性乾癬
・尋常性白斑 
・類乾癬
・掌蹠膿疱症
・慢性苔癬状粃糖診
上記症状がある方

治療の流れ

医師による診察

光線療法の適応があるかを判断いたします。(特に、診察予約などは不要ですので直接ご来院ください)
照射範囲が広い場合には全身ナローバンドUVB治療、照射範囲が体の一部分の場合にはエキシマライトをご案内いたします。光線療法の適応があると判断された場合には、診察当日に治療を受けていただくことが可能です。

施術

施術担当スタッフの指示に従い、光線照射を受けます。(照射中は光線を直接見ないように、専用のグラスもしくは目隠しをつけていただきます)

お会計

照射が終了しましたら、お会計に進んでいただきます。

治療を受ける上での注意点

紫外線は、角膜のタダレや白内障の原因となる可能性があります。そのため、照射中は光線を直接見ないように、専用のグラスもしくは目隠しをつけていただきます。

治療を受けることが難しい方

・日光などへ過敏症(日光過敏症や全身性エリテマトーデス(SLE)など)のある方
・以前に皮膚ガンや皮膚の前ガン状態があった方
・免疫抑制療法を受けている方
・以前この治療でアレルギーを生じた方
・妊娠中の方

よくあるご質問

どのような病気に効果的な治療ですか?

円形脱毛症・尋常性乾癬・掌蹠膿疱症・尋常性白斑・アトピー性皮膚炎に効果があります。

痛みはないですか?

痛みはありません。光が当たると温かく感じる場合があります。 

治療回数はどのくらいですか? 

疾患の症状によって個人差がありますが、1週間に1回〜2回の治療となります。軽快とともに照射間隔をあけたり、休止したりします。症状の寛解がみられた時点で治療は終了します。

1回の治療時間はどのくらいですか? 

疾患の症状によって個人差がありますが、1週間に1回〜2回の治療となります。軽快とともに照射間隔をあけたり、休止したりします。症状の寛解がみられた時点で治療は終了します。

副作用はありますか? 

急性な副作用としては、皮膚の紅斑(赤み)やヒリヒリ感が生じることがあります、まれに皮膚に水疱(水ぶくれ)等の火傷の症状を認めることがあります。そのため、これらをさけるため、紫外線照射は十分少ない量から開始します。また、皮膚のメラニン色素が増え、皮膚の色が濃くなっていく色素沈着という現象が認められることがありますが、治療を止めるといずれは元に戻ります。

慢性な副作用としては、長くにわたってこの治療を行っているとわずかに皮膚の老化(シワ、シミ)が認められることがありますが、治療反応の一部ですので避けられません。紫外線は、角膜のタダレや白内障の原因となる可能性があります。そのため、紫外線療法を行う時には、閉眼、防護用のサングラスを着用し、直射光線を見ないよう注意が必要です。

診療時間

一般・小児・美容皮膚科

月・木9:00-12:1015:00-19:00
火・金9:00-12:1015:00-18:00
9:00-12:30×
AGA治療のみ
9:00-18:00
×
水・祝休診×
※予約制ではありませんので、直接ご来院ください。
※AGA治療はご予約の方に限り、日曜日も受診いただけます。

レーザー脱毛

月・木9:00-19:00
火・金・土・日9:00-18:00
水・祝休診
※レーザー脱毛は完全予約制になります。

治療に関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

029-842-3046

電話受付時間
9:00~18:00(火・金・土・日)

9:00~19:00(月・木)
(水曜日、祝日、年末年始、GW、夏期休暇は休診)