とびひ(伝染性膿痂疹)

小児・成人ともに罹患することがある黄色ブドウ球菌・溶連菌などの細菌が原因による皮膚感染症です。湿疹や虫刺された箇所などを掻きこわした部位に細菌が感染し、そこから飛び火するかのように周辺や離れた部位に症状が広がります。 
症状によって次のタイプがあります。

1 水疱性膿痂疹:水ぶくれができるタイプ(小児ではこちらのタイプが多いです。)
2 痂疲性膿痂疹:かさぶたができるタイプ

原因

元々乾燥肌やアトピー性皮膚炎がある皮膚や、虫刺されやあせも(汗疹)や湿疹を掻き壊した後の皮膚では、皮膚のバリア機能が低下すると考えられています。このバリア機能が低下した部位に皮膚の常在細菌が感染することで発症します。

症状

1 水疱性膿痂疹
最初に赤み、痒みを伴う水ぶくれ(水疱)ができ、それが破れて、ただれ(びらん)が起こります。水ぶくれ(水疱)の中身を触った手で別の部位を触ることで病変があちこちに広がります。夏を中心に乳児や子供によく見られます。保育園や幼稚園などで発生しやすいと言われています。
        
2 痂疲性膿痂疹
赤みから始まり、小さな膿疱(膿だまり)ができ、それが破れることで皮膚がただれ、厚いカサブタ(痂皮)が生じます。時に発熱やリンパ節の腫れ、のどの痛み(咽頭痛)などの症状が出ることもあります。特に、生じやすい季節や年齢層はありません。

当院の治療

・外用薬:抗菌薬
・内服薬:抗菌薬 抗ヒスタミン薬(痒みが強い場合)

生活上の注意点

・患部の清潔を保つことを心がけましょう。
・ プール(水泳やプール遊び)は治癒するまで控え、他の人にうつさないようにしましょう。
・ タオルや衣類からうつる可能性もあるため、家族や友達との共用は控えましょう。洗濯は一緒に行っても大丈夫です。
・ 鼻の穴や周囲を良く触る癖がある場合はできるだけ触らないように気をつけましょう。