ED(勃起障害)治療とは?

ED(勃起障害)とは、以下の状態を意味します。

  • 勃起が生じない
  • 十分な硬さが得られない
  • 十分な勃起状態が維持できない

その結果、満足のいく性行為を行うことが難しくなります。

当院のED(勃起障害)治療の特徴

1. 低価格を実現

1回あたり660円(税込み) ※1回にタダラフィル5mgの薬を2錠内服いただきます。

2. ED治療と受付に申し出にくい患者様への対応

受付にて、ED治療と申し出にくい方は、「前立腺の治療です」とお伝えください。ただし、水曜日は女医が診察担当であり、日曜日に関しても女医が診察担当になる場合があります。

3. 1回分から最大30回分まで投薬可能

必要回数分のみお渡しいたしますので、余剰薬を持つ心配がありません。

4.持続時間が長く、内服後の目が充血しにくい、タダラフィルを採用

勃起障害の主な原因

  • 器質性ED:動脈硬化の進行や神経に障害がある場合(加齢・生活習慣病⦅高血圧、糖尿病、高脂質血症など⦆による動脈硬化や脳梗塞・脳出血、アルツハイマー病やパーキンソン病など)
  • 心因性ED:精神的なストレスがある場合(ストレス、うつ病、緊張状態など)
  • 混合型ED:器質性EDと心因性EDが混合されている場合
  • 薬剤性ED:原因となる薬剤を服用している場合(AGA治療薬⦅フィナステリド・デュタステリドなど⦆のAGA治療薬、一部の降圧剤や抗うつ薬などが原因)

勃起の機序

  • 性的刺激や種々の興奮に関する信号が脳へ送られます。
  • 脳から脊髄を経由して勃起神経へ勃起の信号を出します。
  • この結果、陰茎の海綿体において、 NO(一酸化窒素)が産生され、cGMP(環状グアノシン一リン酸)という血管拡張物質濃度が上昇し、平滑筋を緩めます。
  • そして、陰茎組織へ大量の血液が流入することで、勃起が生じます。
  • 性的興奮がおさまると、cGMPを分解するPDE-5(ホスホジエストラーゼ-5)が分泌され、勃起状態が解除されます。
ED勃起の機序

当院の採用薬:タダラフィルの作用機序

EDでは種々の原因により、勃起状態維持に必要なcGMPが、過剰に発現されたPDE-5によって分解されるため、勃起を維持することが困難になります。
タダラフィルはPDE-5の分泌を阻害し、cGMPの分解を抑えることで、勃起の導入・維持を実現させます。

ED作用機序

タダラフィルの内服に関して

  • 内服量:1回にタダラフィル 5mgを2錠内服してください。
  • 内服時期:性行為の1時間前の服用をお勧めします。食事の影響を受けないので、食事に関係なく内服できます。
  • 効果発現時期:服用して30分~1時間ほどで効果を発揮します。
  • 効果持続時間:内服後24~36時間です。(1回の内服後には、次の服用まで24時間以上あけていただきます。)

水曜日、土曜日の午後、日曜日のED治療を予約する

内服することが難しい方

以下に該当する方は内服をすることができませんのでご注意ください。
これらのことに該当しない方のみ、当院でED薬をもらうことができます。

  • 硝酸剤をご使用中の方
  • タダラフィルに過敏症(アレルギー)を起こしたことのある方
  • 心血管系障害がある方
  • 不安定狭心症のある方、または性交中に狭心症を起こしたことのある方
  • 最近6か月以内に心筋梗塞・脳梗塞・脳出血を起こしたことのある方
  • 不整脈のある方
  • 低血圧の方(収縮期血圧が90mmHg未満または拡張期血圧が50mmHg未満の方)
  • 高血圧の方(収縮期血圧が170mmHg以上または拡張期血圧が100mmHg以上の方)
  • 重い肝障害のある方
  • 重い腎障害のある方
  • 網膜色素変性症(進行性の夜盲、視野狭窄など)の方

併用できない薬
以下の薬を内服中の方は、当院でED薬をもらうことができません。

■狭心症や心臓病の治療薬(硝酸剤および一酸化窒素(NO)供与剤)
 *併用することで、血圧低下を起こすおそれがあります。*

  • ニトログリセリン
  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド(ニトロール)
  • ニコランジル など

■慢性血栓塞栓性肺高血圧症や、肺動脈性肺高血圧症の治療薬
(可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤)
 *併用することで、著名な血圧低下を起こすおそれがあります。*

  • リオシグアト(アデムパス)

副作用

  • 特に注意が必要な副作用
    勃起持続症:痛みを伴う勃起が4時間以上続く場合。
    放置してしまうと陰茎(ペニス)が損傷し、勃起機能を失うことがありますので、早めに専門の医療機関を受診してください
  • その他の副作用
    消化不良、目の充血、動悸、頭痛、顔が赤くなる(ほてり)など

*他の診療科、医療機関を受診されるときは、必ずタダラフィルを服用していることを担当医へ申し出てください。

料金表

タダラフィル 5.0mg 1回分(2錠)¥660
タダラフィル 5.0mg 1回分(2錠) ×10回分 ¥6,600
タダラフィル 5.0mg 1回分(2錠) ×20回分¥13,200
タダラフィル 5.0mg 1回分(2錠) ×30回分¥19,800
※料金は税込み表示になります。

水曜日、土曜日の午後、日曜日のED治療を予約する

診療時間

一般・小児・美容皮膚科

月・木9:00-12:1015:00-19:00
火・金9:00-12:1015:00-18:00
9:00-12:30×
水・日・祝××
※予約制ではありませんので、直接ご来院ください。

医療脱毛・HIFU(ハイフ)
ハイドラジェントル

月・水・木9:00-19:00
火・金・土・日9:00-18:00
祝日×
※医療脱毛、HIFU(ハイフ)、ハイドラジェントル(単体)、コンビネーション治療(ハイドラ+モザイク)は完全予約制になります。
医療脱毛専門サイトはこちら

AGA(男性型脱毛症)治療
ED(勃起障害)治療

月・木9:00-12:1015:00-19:00
火・金9:00-12:1015:00-18:00
9:00-12:0013:30-19:00
9:00-12:3015:00-18:00
9:00-13:3015:00-18:00
祝日××
※月・火・木・金・土曜日の午前は予約制ではありませんので、直接ご来院ください。青字の日時は完全予約制になります。
AGA治療専門サイトはこちら
ED治療はこちら

予約可能な施術

・医療脱毛
・HIFU(ハイフ)
・AGA(男性型脱毛症)治療
・ED(勃起障害)治療
・HYDRA GENTLE(ハイドラジェントル)
・エレクトロポレーション