アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎

乳児〜成人にみられる慢性の難治性皮膚炎です。乾燥肌をベースに持つ場合が多く、そこに様々な物質(食物、ダニ、カビ等)に対してアレルギー反応を示したり、水道水中の塩素、発汗やストレスなどの環境因子が複雑に関与し合う「湿疹のデパート」と言われるものです。

症状

乳幼児期

頭部・顔面から始まり、徐々に体や手足(体幹・四肢)に広がる湿疹病変が特徴です。この時期の湿疹の特徴としては、湿潤傾向(ジュクジュク)があるので、カサブタ(痂皮)、角層のたまり(鱗屑)がみられやすいです。
また体や手足は乾燥があり、痒みによる掻破(掻き行動)も認められます。

小児期

慢性の経過に伴い皮膚全体の乾燥が目立つようになり、皮膚の水々しさや柔軟性が低下します。時に、肘の内側、膝裏、ワキなどに掻破痕(掻き行動による痕)が目立つようになり、次第に皮膚のゴワゴワ(苔癬化)が認められます。また、耳切れ(耳部のジュクジュク)も呈することがあります。

成人期

皮膚のゴワゴワ(苔癬化)が更に進行するとともに、長期の炎症に伴い皮膚全体の色調が黒〜茶色様に変化します。また、時折、「紅皮症(こうひしょう)」と呼ばれる全身の皮膚が真っ赤になり、強い痒みを認める状態になることもあります。

原因

アトピー素因(アレルギー疾患の既往歴や家族歴など)というアレルギー体質に基づく先天的な皮膚バリア機能が低下している状態に、様々な環境因子が刺激となり慢性の湿疹が発生するとされています。最近の研究では、アトピーの原因として種々のサイトカインの影響が知られています。

詳しくは下記ウェブサイト(サノフィー社のHP)をご覧ください。
https://www.support-allergy.com/
※サイト情報を閲覧する際には、サイト訪問時に「医療関係者の方」・「患者さん」・「その他一般の方」の中から「患者さん」をお選びください。お選びいただいた次のページでの質問にはYESを押していただけると詳しい情報が閲覧できます。

悪化要因

乳児

母乳、果汁、水道水中の塩素

幼児

食物、水道水中の塩素、ほこり、ダニ、カビ

学童・成人

食物、水道水中の塩素、ほこり、ダニ、カビ、睡眠不足、ストレス(学業・職業・人間関係など)

治療方法

ステロイド外用剤の長期使用や高価な薬剤(デュピクセントなどの生物学的製剤)を極力使用しないで済む治療を心がけています。そのため、アトピー性皮膚炎の原因・悪化誘発因子を除去する原因除去療法を行っています。

  1. 受診時に約20項目からなる質問表に回答していただき、悪化誘発因子を調査します。
  2. 質問表を元に原因除去の方法を具体的に教示します。
  3. 非ステロイド外用剤を数種類試していただき、それぞれの反応を検討します。ただし、症状が重い場合はステロイド外用剤を使用する場合もあります。また、痒みに対しては、適宜抗アレルギー剤内服(非ステロイド 系)を処方します。
  4. 症状に応じて、アトピー皮疹が全身性に出現している場合には、全身型ナローバンドUVB治療をご案内致します。また、皮疹が狭い範囲に存在する場合には、キシマライトという紫外線の部分照射をご案内します。
  5. 皮膚炎の反応を抑える静脈注射(非ステロイド製剤)を行います。

治療を受ける上での注意点

特記事項なし

治療を受けることが難しい方

特記事項なし

診療時間

一般・小児・美容皮膚科

月・木9:00-12:1015:00-19:00
火・金9:00-12:1015:00-18:00
9:00-12:30×
AGA治療のみ
9:00-18:00
×
水・祝休診×
※予約制ではありませんので、直接ご来院ください。
※AGA治療はご予約の方に限り、日曜日も受診いただけます。

レーザー脱毛

月・木9:00-19:00
火・金・土・日9:00-18:00
水・祝休診
※レーザー脱毛は完全予約制になります。

治療に関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

029-842-3046

電話受付時間
9:00~18:00(火・金・土・日)

9:00~19:00(月・木)
(水曜日、祝日、年末年始、GW、夏期休暇は休診)