水虫(足白癬)・爪水虫(爪白癬)とは?

水虫

水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビが皮膚に付着し、侵入すると起こる感染症です。

症状

水虫

水虫(足白癬)

下の3つのタイプがあります

趾間(しかん)

最も多い型で足の指の間が白くふやけて皮がむけます。かゆみも伴います。

小水疱型

土踏まずや足の縁に赤みを帯びた小さな水疱が多発します。かゆみも伴います。

角質増殖型

足の裏、特にかかと部の角質が固く、表面がゴアゴアに変化し、白い粉が吹いたようになります。かゆみはそれほど強くありませんが、かかとのひび割れをみとめます。

爪水虫(爪白癬)

足水虫から生じること大半であり、爪先端が白く濁り、しだいに爪の根本方向に広がることが多いです。

原因

水虫(足白癬)

水虫の原因となる白癬菌は足や足の爪に多く感染しますが、そのほか手、手の爪、頭、顔、体、股にも感染することがあります。

爪水虫(爪白癬)

爪水虫は皮膚の角質層に感染した白癬菌が爪に侵入して起こることがほとんどで、その感染経路としては、爪の先端、脇、根元からがあります。
爪が白く濁ってきたり、厚みが増してきたり、ぽろぽろと壊れてきたりしたら、爪水虫の可能性があります。多くは足の水虫に続いて発症するので、足の水虫を放置していると爪水虫になりやすいといえます。

治療方法

■外用薬
抗真菌薬のクリーム、液体、軟膏などの剤型があります。症状にあった剤型を処方します。当院では効果をより高めるために2種類の抗真菌外用薬を処方しています。
※白癬菌の住む角質層は約1ヶ月で剥がれおち、新しい角質になります。そのため症状が無くなっても最低1ヶ月は塗り続ける必要があります。また、症状のある部分以外にも白癬菌が潜んでいることもありますので、足全体、足の指の間、爪と広範囲に塗りましょう。特に入浴後に塗るのが効果的です。

■内服薬(抗真菌薬)
イトラコナゾール、ネイリン(ホスラブコナゾール)など

日常生活上の注意点

・履物は他人と共有しないようにしましょう。
・毎日、足の指の間までしっかり洗いましょう。
・特に雨に濡れた靴は履かないようにしましょう。
・毎日同じ靴は履かず、靴の乾燥時間を作リましょう。
・通気性の良い靴や靴下を選びましょう。
・爪を常に適切な長さに切っておきましょう。

治療を受ける上での注意点

特記事項なし

治療を受けることが難しい方

特記事項なし

診療時間

一般・小児・美容皮膚科

月・木9:00-12:1015:00-19:00
火・金9:00-12:1015:00-18:00
9:00-12:30×
AGA治療のみ
9:00-18:00
×
水・祝休診×
※予約制ではありませんので、直接ご来院ください。
※AGA治療はご予約の方に限り、日曜日も受診いただけます。

レーザー脱毛

月・木9:00-19:00
火・金・土・日9:00-18:00
水・祝休診
※レーザー脱毛は完全予約制になります。

治療に関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

029-842-3046

電話受付時間
9:00~18:00(火・金・土・日)

9:00~19:00(月・木)
(水曜日、祝日、年末年始、GW、夏期休暇は休診)