くすみとは?

くすみ

肌に透明感や明るさがなくなることで、全体的に黒ずんだような状態になることです。その結果、肌の柔軟性が失われて表情が硬くなったり、より冴えない表情に見えたり、疲れている印象を与えたりすることにつながります。

原因

角質肥厚(かくしつひこう)

肌の新陳代謝が低下し、ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)周期が遅くなることで生じます。肌に古い角質が残っている状態であると、肌が黒・茶色にくすんで見えてしまいます。尚、古い角質を適切に除去することで解消できます。

メラニンの蓄積

紫外線を多く浴びてしまうと、肌の内部でメラニンが生成されることで、くすみを引き起こします。そのため、適切な紫外線対策が重要です。

乾燥肌

乾燥は肌表面の角質乱れを引き起こし、肌表面のかさつきを生じさせます。その結果くすみを引き起こします。そのため、日々の水分補給をしっかり行い、適切な肌への保湿を行うことが重要です。

血流不良

血流が低下すると、血液循環が停滞し各細胞に酸素や栄養が届きにくい状態になります。その結果、肌の代謝が落ち、肌が冴えず青暗いくすみにつながります。また、くすみだけでなく、クマやむくみを併発することもあるので疲れたような印象につながります。そのため、適度の運動、睡眠管理、ストレス管理、寒さ・冷え症対策を行い血流改善に努めることが重要です。

糖質や脂質のとりすぎ

炭水化物を摂りすぎると、糖化が生じます。その結果、体内で処理できずにいた糖がたんぱく質と結びつくことで肌が黄色にくすむことにつながります。また、脂質が多い食事をとりすぎてしまうと、たんぱく質を変性させ、肌を黄色にくすませることにつながります。そのため、適切な食事管理が重要です。

治療方法

保険治療

◾️内服薬
ビタミンC、トラネキサム酸

◾️外用薬
・サリチルローション(ピーリング剤)

自費治療

◾️内服薬
グルタチオン、ビタミンE

◾️院内オリジナル化粧品
ビタミンCローションやビタミンCクリーム、ハイドロキノンクリーム、アルブチンクリーム、レチノイドクリーム

◾️レーザー治療
Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー(アレックス)
Qスイッチ・ルビーレーザー(ナノスター・アール)
色素レーザー(Vビーム)
IPL
Qスイッチ・Nd:YAG(ネオジウムヤグ)レーザー
ロングパルスアレキサンドライトレーザー(ジェントルレーゼ)
※くすみの状態によってレーザーの機械や強さを変えて照射します。レーザーの回数は個人差があるため1回で取れる場合もありますが、くすみの状態によっては多くかかることもあります。

治療を受ける上での注意点

特記事項なし

治療を受けることが難しい方

・該当薬や化粧品に過敏症の方
・光線過敏の方

よくあるご質問

くすみのレーザーを受けるのに予約があるでしょうか?

基本的には、医師の診察後にレーザー照射となりますので、予約は必要ありません。そのため、直接ご来院ください。

くすみのレーザーは平均的に何回くらいの施術でよくなるでしょうか?

使用するレーザーや個人差もあるので一概には言えません。

レーザーは痛いでしょうか?

個人差はありますが、照射時に痛みを伴います。尚、肌のハリ向上や若返りを目的としているスキンリジュビネーションを目的としたE:Glassフラクショナルレーザー(MOSAIC)は照射範囲が広いので使用前には麻酔クリームを顔に塗っていただきます。

レーザー使用後の赤み(ダウンタイム)はどのくらい続くでしょうか?

レーザー照射部位はしばらくするとかさぶたになりますので、絆創膏やテープで覆っていただく必要があります。かさぶたは7〜10日程度続き、その後自然にかさぶたが剥がれます。

レーザー照射後のお化粧や日焼け止めなどはどうすればいいでしょうか?

レーザー照射部位は軽いやけどのような状態になっていますので、強くこすったり、紫外線に当てたりしないようにしてください。これらは、炎症後色素沈着の原因となりえます。そのため、優しく軟膏と日焼け止めをつけてファンデーションでカバーしていただくといいです。

くすみの原因について教えてください。

・角質肥厚
肌の新陳代謝が低下し、ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)周期が遅くなることで生じます。肌に古い角質が残っている状態であると、肌が黒・茶色にくすんで見えてしまいます。尚、古い角質を適切に除去することで解消できます。

・メラニンの蓄積
紫外線を多く浴びてしまうと、肌の内部でメラニンが生成されることで、くすみを引き起こします。そのため、適切な紫外線対策が重要です。

・乾燥肌
乾燥は肌表面の角質乱れを引き起こし、肌表面のかさつきを生じさせます。その結果くすみを引き起こします。そのため、日々の水分補給をしっかり行い、適切な肌への保湿を行うことが重要です。

・血流不良
血流が低下すると、血液循環が停滞し各細胞に酸素や栄養が届きにくい状態になります。その結果、肌の代謝が落ち、肌が冴えず青暗いくすみに繋がります。また、くすみだけでなく、クマやむくみを併発することもあるので、疲れたような印象につながります。そのため、適度の運動、睡眠管理、ストレス管理、寒さ・冷え症対策を行い血流改善に努めることが重要です。

・糖質や脂質のとりすぎ
炭水化物を摂りすぎると、糖化が生じます。その結果、体内で処理できずにいた糖がたんぱく質と結びつくことで肌が黄色にくすむことにつながります。また、脂質が多い食事をとりすぎてしまうと、たんぱく質を変性させ、肌を黄色にくすませることにつながります。そのため、適切な食事管理が重要です。

レーザー治療後はお酒を飲んでもいいでしょうか?

飲酒に関しては問題ありません。

レーザー照射の次のタイミンングはいつがいいでしょうか?

レーザーの種類によっても異なりますが、基本的には2〜4週間ほど空けて頂くのをお勧めしております。

レーザーを照射することで、以前よりもシミが濃くなることはあるでしょうか?またその場合はどうすればいいでしょうか?

レーザーにより以前よりもシミが濃くなる状態は、炎症後色素沈着と言われる状態です。放置しても半年以内に消失もしくはかなり薄くなりますが、早く良くしたいという場合には、ビタミンCやトラネキサム酸の内服に加えて、メラニンを除去する作用のハイドロキノン外用にて治療を行います。

診療時間

一般・小児・美容皮膚科

月・木9:00-12:1015:00-19:00
火・金9:00-12:1015:00-18:00
9:00-12:30×
AGA治療のみ
9:00-18:00
×
水・祝休診×
※予約制ではありませんので、直接ご来院ください。
※AGA治療はご予約の方に限り、日曜日も受診いただけます。

レーザー脱毛

月・木9:00-19:00
火・金・土・日9:00-18:00
水・祝休診
※レーザー脱毛は完全予約制になります。

治療に関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

029-842-3046

電話受付時間
9:00~18:00(火・金・土・日)

9:00~19:00(月・木)
(水曜日、祝日、年末年始、GW、夏期休暇は休診)