シミとは?

シミ

多くの症状は「老人性色素斑」とも呼ばれ、肌の代謝が落ちることでメラニンが表皮(皮膚の上層)や真皮(皮膚の中層)に滞積したものです。また思春期から出現する「そばかす」や、30〜40代以降に出現する「肝斑」、肌の炎症が原因でおきる「炎症後色素沈着」などもシミの一種です。

症状

シミ(色素斑)は以下のように分類されます。

老人性色素斑(加齢性のシミ)

老人性色素斑
老人性色素斑

加齢性のシミであり、ほとんどの中高年以降の男女に出現します。主に、顔、手の甲、腕(特に肘下)などの陽に当たりやすい部位に類円形で大小様々の褐色斑が出現します。その後、表皮が増殖して老人性のイボ(脂漏性角化症)に変化するものもあります。

ソバカス(雀卵斑)

ソバカス
そばかす

3歳ごろより顔面を主体に、日光に当たりやすい部位に直径2〜4mm程度の平らな褐色斑として出現し、思春期より明瞭になります。特に、赤毛の白人に多いことが知られています。紫外線の影響により夏期は改善しやすく、冬期は軽快することが多いです。

肝斑

肝斑
肝斑

30〜40歳の女性に好発するシミであり、左右対称の境界がはっきりしている淡褐色斑(淡い褐色調の斑状色素斑)が頬を中心にみられ、前額や口周囲に拡大することもあります。大きさや形は一定ではありません。

悪化因子としては、誤ったスキンケアによる摩擦、紫外線暴露、女性ホルモン異常、ストレスなどが知られています。また、妊娠や経口避妊薬(ピル)内服を契機に発症することがあります。紫外線の影響により夏期は改善しやすく、冬期は軽快することが多いです。

肝斑に関して詳しく知りたい方はこちら

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

思春期から中年の女性に発生しやすい左右の頬に見られる1〜3mm大の点状色素斑が多発する疾患です。時に、発生部位が似ていることから肝斑との鑑別が難しいことが知られています。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着
外傷性色素沈着

何らかのダメージ(ニキビ跡、湿疹、傷跡、虫刺され跡、レーザー治療、IPLなどの光治療、ケミカルピーリングなど)を受けた際にその場所が炎症を起こし、炎症が強い時に色素沈着を生じます。

表皮(皮膚の上層)のメラノサイト (色素であるメラニンを産生する細胞)が活性化されることによって色素斑となり、この活性化が終息すると自然に皮膚色は元に戻ります。通常、炎症後色素沈着が生じると数ヶ月以内には消失するとされています。

原因

メラニンの増加によるものです。メラニンは肌に色味を与え、有害な紫外線のダメージから肌を守ってくれる成分です。しかし、紫外線を多く浴びたり、妊娠やホルモンバランスの崩れ、肌の傷、ニキビや加齢などが原因で過剰に生成されるとシミの原因になります。

治療方法

保険治療

◾️内服薬
ビタミンC、トラネキサム酸

◾️外用薬
・サリチルローション(ピーリング剤)

自費治療

◾️内服薬
グルタチオン、ビタミンE

◾️院内オリジナル化粧品
ビタミンCローションやビタミンCクリーム、ハイドロキノンクリーム、アルブチンクリーム、レチノイドクリーム

◾️レーザー治療
Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー(アレックス)
Qスイッチ・ルビーレーザー(ナノスター・アール)
色素レーザー(Vビーム)
IPL
Qスイッチ・Nd:YAG(ネオジウムヤグ)レーザー
ロングパルスアレキサンドライトレーザー(ジェントルレーゼ)
※シミの種類によってレーザーの機械や強さを変えて照射します。レーザーの回数は個人差があるため1回で取れる場合もありますが、シミの種類によっては多くかかることもあります。

治療を受ける上での注意点

特記事項なし

治療を受けることが難しい方

・該当薬や化粧品に過敏症の方
・光線過敏の方

よくあるご質問

シミ・シワのレーザーを受けるのに予約があるでしょうか?

基本的には、医師の診察後にレーザー照射となりますので、予約は必要ありません。直接ご来院ください。

シミのレーザーは平均的に何回くらいの施術でよくなるでしょうか?

シミの種類や使用するレーザーや個人差もあるので一概には言えません。しかし、老人性色素斑や雀卵斑に関しては、1〜3回程度で効果を感じていただけることが多いです。

レーザーは痛いでしょうか?

個人差はありますが、照射時に痛みを伴います。尚、肌のハリ向上や若返りを行うスキンリジュビネーションを目的にシミ・肝斑治療と併用して使用することがあるEr:Glassフラクショナルレーザー(MOSAIC)による照射は、照射範囲が広いので照射前には麻酔クリームを顔に塗っていただきます。

レーザー使用後の赤み(ダウンタイム)はどのくらい続くでしょうか?

レーザー照射部位はしばらくするとかさぶたになりますので、絆創膏やテープで覆っていただく必要があります。かさぶたは7〜10日程度続き、その後自然にかさぶたが剥がれます。

レーザー照射後のお化粧や日焼け止めなどはどうすればいいでしょうか?

レーザー照射部位は軽いやけどのような状態になっていますので、強くこすったり、紫外線に当てたりしないようにしてください。これらは、炎症後色素沈着の原因となりえます。そのため、優しく軟膏と日焼け止めをつけてファンデーションでカバーしていただくといいです。

シミの種類について教えてください。

・老人性色素斑(加齢性のシミ)
加齢性のシミであり、ほとんどの中高年以降の男女に出現します。主に、顔、手の甲、腕(特に肘下)などの陽に当たりやすい部位に類円形で大小様々の褐色斑が出現します。その後、表皮が増殖して老人性のイボ(脂漏性角化症)に変化するものもあります。

・ソバカス(雀卵斑)
3歳ごろより顔面を主体に、日光に当たりやすい部位に直径2〜4mm程度の平らな褐色斑として出現し、思春期より明瞭になります。特に、赤毛の白人に多いことが知られています。紫外線の影響により、夏期は改善しやすく、冬期は軽快することが多いです。

・肝斑(かんぱん)
30〜40歳の女性に好発するシミであり、左右対称の境界がはっきりしている淡褐色斑(淡い褐色調の斑状色素斑)が頬を中心にみられ、前額や口周囲に拡大することもあります。大きさや形は一定ではありません。悪化因子としては、誤ったスキンケアによる摩擦、紫外線暴露、女性ホルモン異常、ストレスなどが知られています。また、妊娠や経口避妊薬(ピル)内服を契機に発症することがあります。紫外線の影響により、夏期は改善しやすく、冬期は軽快することが多いです。

・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
思春期から中年の女性に発生しやすい左右の頬に見られる1〜3mm大の点状色素斑が多発する疾患です。時に、発生部位が似ていることから肝斑との鑑別が難しいことが知られています。

・炎症後色素沈着
何らかのダメージ(ニキビ跡、湿疹、傷跡、虫刺され跡、レーザー治療、IPLなどの光治療、ケミカルピーリングなど)を受けた際にその場所が炎症を起こし、炎症が強い時に色素沈着を生じます。表皮(皮膚の上層)のメラノサイト (色素であるメラニンを産生する細胞)が活性化されることによって色素斑となり、この活性化が終息すると自然に皮膚色は元に戻ります。通常、炎症後色素沈着が生じると数ヶ月以内には消失するとされています。

シミのレーザー治療後はお酒を飲んでもいいでしょうか?

飲酒に関しては問題ありません。

シミに関してレーザー照射の次のタイミンングはいつがいいでしょうか?

レーザーの種類によっても異なりますが、基本的には2〜4週間ほど空けて頂くのをお勧めしております。

診療時間

一般・小児・美容皮膚科

月・木9:00-12:1015:00-19:00
火・金9:00-12:1015:00-18:00
9:00-12:30×
AGA治療のみ
9:00-18:00
×
水・祝休診×
※予約制ではありませんので、直接ご来院ください。
※AGA治療はご予約の方に限り、日曜日も受診いただけます。

レーザー脱毛

月・木9:00-19:00
火・金・土・日9:00-18:00
水・祝休診
※レーザー脱毛は完全予約制になります。

治療に関することなら
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

029-842-3046

電話受付時間
9:00~18:00(火・金・土・日)

9:00~19:00(月・木)
(水曜日、祝日、年末年始、GW、夏期休暇は休診)